hasuda のすべての投稿

NHKで放送された特別養子縁組の実態

NHKの『クローズアップ現代』で、ネットによる特別養子縁組が取り上げられました。

2016年11月21日(月)放送。「生んでくれたら最大200万円援助」。今、ネットを活用した養子縁組のあっせんが波紋を広げている。実の親、養子を希望する夫婦から登録を受け付け、やりとりの大半をSNSで行うなど、手続きを大幅に効率化している。NPOには希望者が殺到する一方、「人身売買では」と批判の声も。子どもにとって“希望”と呼べる養子縁組をどう実現するのか?賛否渦巻く現場を取材する。

情報源: 賛否噴出 ネットで“赤ちゃん”をあっせん!? – NHK クローズアップ現代+

この番組では、千葉と大阪の特別養子縁組あっせん業者が登場します。両者ともに私が昨年接触を試みた人たちでした。

きっかけは、「赤ちゃんポスト」というキーワードです。
慈恵病院はBaby Boxの国際シンポジウムを開催するプランを立てています。
世界のBaby Box運営者をお招きして、各国の実情をスピーチしていただく予定です。
お互いに学び合い、助け合うきっかけになれればと願い企画しました。

世界のBaby Box運営者を調べる中で、「赤ちゃんポスト」というキーワードでインターネット検索を行ったのが、平成27年11月でした。ヒットしたのが、『インターネット赤ちゃんポスト』と『赤ちゃんポスト.com』です。前者が大阪、後者が千葉の団体です。

私なりに両団体の事を調べてみたのですが、素人のできることには限りがありました。共通していたのは、インターネットを積極的に活用していることでした。また、日本人男性とウクライナ人女性との結婚あっせんに関係しているところも共通点でした。特別養子縁組あっせんに参入したきっかけは、結婚あっせんにあったのかもしれません。両団体の代表が、以前から知り合っていた事と、お互いに対立関係にあった事は意外でした。特別養子縁組あっせんを行う前からトラブル関係にあったようです。

闇の部分が多いという印象が強かったのですが、今回、番組で多くの部分が明らかにされました。インタビューの中で、千葉の代表者のコメントが印象的でした。

「そもそも福祉の仕事は俺の仕事じゃない と思っていますよね。マッチングしてお金をもらうというのが、まあ基本かなというか‥」

私としては強い違和感を覚えるコメントですが、社会的養護の世界にも新たな波が押し寄せてくるのを感じます。

「赤ちゃんを殺して、飛び降りたい」

平成27年10月、高知市で次の様な事件が発生しました。

・10月14日、生後10ヶ月の赤ちゃんが死亡。
死因は外傷性急性硬膜下血腫で、頭に強い衝撃を受けたことが原因。

・赤ちゃんの太ももに骨折の痕跡があり、手足数カ所に皮下出血の痕跡があった。

・児童相談所は、赤ちゃんが死亡する4ヶ月前には育児放棄状態である事を把握していた。

当時40歳の母親は、赤ちゃんの死亡後、精神状態が不安定で入院しましたが、今年9月に退院となり、警察の事情聴取を受け、11月逮捕に至りました。

母親には、育児に対する不安があって、
赤ちゃんポストに預けたい、できるなら殺してしまいたい。殺してどこかから飛び降りたい」と漏らしていたそうです。

私や妊娠相談室のスタッフにとって、ショックなエピソードでした。
赤ちゃんを「ゆりかご」に預けてもらえれば、赤ちゃんは犠牲者にならずに済み、母親も犯罪者にならずに済んだかも知れません。

「どうして、赤ちゃんを預けることができなかったのか?」

妊娠相談室では、カンファレンスの議題になりました。
母親は、赤ちゃんを支えきれず、限界状態でした。
ただ、その解決法として、赤ちゃんを「ゆりかご」に連れてくるにはハードルが高かったと思います。髙知から熊本まで赤ちゃんを連れていけるような精神状態ではなかったと思いますし、経済的にも厳しかったかもしれません。

赤ちゃんを殺すくらいなら、捨てるくらいなら、『ゆりかご』に預けて欲しい
そういう願いで「ゆりかご」の活動を続けていますが、全国で発生する赤ちゃんの遺棄や殺人を防ぎきれていないのも現実です。

 

お説教

先日、「いらない赤ちゃん」、「いてもらっては困る赤ちゃん」を持つ女性の報告をしました。お読みになって、怒った人もいると思います。

「無計画」
「身勝手」
「無責任」

こんな言葉を投げたくなりませんか?

本来、親は子どもを愛し、守るべき存在のはずです。
我が子に対して「いらない」「いてもらっては困る」などのコメントは、親にあるまじき言動です。

ただ、慈恵病院の電話相談事例を振り返ると、実親に説教をしても、多くの場合はプラスに向かいませんでした。敬遠され、最後は音信不通になってしまいました。

頼るところもなく追い詰められると、人知れず赤ちゃんを遺棄したり、殺したりにつながりかねません。何より、赤ちゃんの命と健康を確保することが優先されます。

親には責められるべきところがあるかもしれませんが、赤ちゃんには罪がありません。実親ではない、他の大人が、愛情と敬意をもって保護し、育てる事ができれば良いと思います。仮に、実親にとっては、「いらない赤ちゃん」、「いてもらっては困る赤ちゃん」だとしても、他の大人にとっては、かけがえのない存在になり得ます

一方、実親の立場に立ってみると、彼女たちは既にダメージを受けています。
ほとんどの母親が事の重大さを理解し、後悔し、焦っているのに、わざわざ他人が追い打ちをかけるように怒るのは疑問です。
怒った人の義憤を晴らすことはできても、実親や赤ちゃんのためにプラスになったとは思えません。

もう一つ。
人には、それぞれ育った環境や能力があります。
実親のそれを理解せずに諭しても、心には響きません。
「こうのとりのゆりかご」の議論を行うとき、「できる人」、「恵まれている人」、「大きな失敗をしたことがない人」が、いわゆる正論をもって実親を批判することがあります。
しかし、私個人としては、「あなたにはできるかもしれないが、世の中には、あなたのようにできない人がいる」と言いたくなります。

もちろん、望まない妊娠の問題を放置していい訳ではありません。
根本的な解決に近づくには、性教育、貧困対策、防犯などが必要だと思います。
国家レベルの粘り強い対応が求められます。

 

いらない赤ちゃん

「いらない赤ちゃん」

いやな表現です。
そんな赤ちゃんが日本に存在することを信じたくない人もいると思います。

しかし、乳児の遺棄・殺人事件を追っていくと、この言葉を口にする母親が存在することを知ります。
愛媛県で5人の乳児遺体が発見された時の母親は、 「いらない子だったから」と供述していました。
静岡県で産んだ我が子をハサミで刺し殺した母親にとって、赤ちゃんは、「自由な生活の邪魔になる」存在だったそうです。

「いらない赤ちゃん」という表現はあんまりかもしれませんが、「こうのとりのゆりかご」や妊娠電話相談の現場では、「いてもらっては困る赤ちゃん」に遭遇する事は珍しくありません。

例えば、ダブル不倫で妊娠したケースです。父親にも母親にも家庭があり、それぞれに愛する子どもがいれば、赤ちゃんの存在は、それまで築き上げた家庭を壊しかねません。「赤ちゃんに愛情がないわけではないけれど、いてもらうと困る」のです。

経済的に苦しい母親は、「私が育てても赤ちゃんが不幸になるので、他の人に育ててもらった方が、赤ちゃんは幸せになれる」と、赤ちゃんを預ける理由を説明することがあります。すでに上の子ども達の生活が苦しいのです。

レイプによる妊娠では、「生まれてくる赤ちゃんを愛することができない、虐待するかもしれない」と悩みます。レイプ自体もダメージですが、お腹の中で動く赤ちゃんを感じながら、先々のことを考えるのは辛いと思います。

年間100万人の赤ちゃんが生まれる日本の社会ですが、一方で年間18万件の人工妊娠中絶が行われています。
「望まない妊娠」は多いのです。

いったい何人が望まれない赤ちゃんとして生まれてくるのか?
気の滅入る想像です。

 

なぜ、ブログを?

慈恵病院には、「こうのとりのゆりかご」があります。
また、全国から1日15~20件の妊娠電話相談が寄せられます。
これらの活動の中で、考えさせられる事は少なくありません。

「予期しない妊娠、望まない妊娠」は、実は身近な問題です。
平成26年度の人工妊娠中絶件数が18万件に昇る事からも、わかっていただけると思います。

プライバシーの問題がありますので、お伝えできる事は限られますが、この問題について少しだけ立ち止まって考えていただければ嬉しいです。