内密出産導入の検討

前のブログでは内密出産の問題点を中心に書きました。
ただ、文章を作る中で、「内密出産をできないことの理由ばかり挙げていても前に進めないのでは?」という思いもあって悩みました。
病院にとって内密出産はリスクを伴います。
すべきか否か‥。

先週の病院幹部会議で私の思いを話しましたところ、みな快く賛成してくれました。
意外とあっさりでした。

内密出産が実現すれば、妊娠・出産の秘密を明かしたくない女性との相談が比較的スムーズに行えます。これまで、病院を受診することすら、かたくなに拒否していた人の中でも、受け入れてくれるきっかけになるかもしれません。病院に来て何回か顔を合わせるうちに、身元を明かして出産をする事に同意してくれる事も期待できます。これまでの電話相談の経験から、その予感があります。

実現までには色々と困難があるとは思いますが、行政の方々のご協力もお願いしながら努力を重ねていきたいと思います。

「こうのとりのゆりかご」を廃止して内密出産?

「こうのとりのゆりかご」(以下「ゆりかご」)の抱える問題として指摘されるのが孤立出産です。誰にも相談できない事情を抱えた女性が、人知れず赤ちゃんを出産する行為です。出産場所は自宅とは限りません。車の中、ホテル、トイレと、母子の安全性を考えると心配な場所で出産するケースもあります。お産というものは、多くの場合無事に終わります。ですから、自宅で一人で出産したのにも関わらず、母子ともに無事であったとしても不思議ではありません。

しかし、逆に非常に危険な時もあります。例えば、お産の後に大量の出血を来す事があります。私の経験では、10分間に1500mlの出血をした女性もいました。それを放っておけばショック状態になり死に至ることもあります。病院なら点滴、輸血などの処置をして回復を図るのですが、孤立出産なら助けを呼ぶこともできないままに意識がなくなってしまうかもしれません。その他、血圧が高すぎてけいれんをおこす妊婦さん、胎盤が早期に剥がれてしまい、母子ともに死亡してしまうケースなど、頻度は低いですがお産には怖いトラブルがつきまといます。

「ゆりかご」関連でも過去にトラブルがありました。孤立出産の赤ちゃんが「ゆりかご」に預けられたのですが、その赤ちゃんは低体温状態だったので急いで暖めた事があります。幸い大事には至りませんでしたが‥。

このようなトラブルが懸念されますから、お産は専門の医療関係者が立ち会える場所ですべきです。それを受けて提案されたのが内密出産です。(内密出産については、12月7日にアップした記事に説明を載せていますのでご覧下さい)

病院で出産すれば、安全です。孤立出産をする女性は一人で陣痛に耐え、不安でいっぱいだと思いますが、それを和らげることもできます。ですから内密出産を要望する声は有識者やマスコミから時々上がります。

しかし、内密出産にはいくつかの問題点もあります。私が考える範囲だけでも以下の問題があります。

1.匿名でなければ受け入れない人がいる

ドイツの内密出産では、子どもが16歳になった時点で実親の情報が開示される可能性があります。それを恐れる女性にとって内密出産は選択肢となり得ません。世の中には、どうしても秘密を貫き通さなければいけない事情を抱えた女性がいます。その数は僅かだとは思いますが‥。
彼女たちが赤ちゃんを遺棄したり殺したりしないようにするには、匿名性を保証しなければいけません

2.もし匿名の妊産婦が死亡したときは?

内密出産の分娩時は匿名です。もし、母体が分娩で後遺症が残るような病状になったり、最悪の場合、死亡した時に、家族への対応を問われないかも懸念します。例えば、こんなケースです。

「東京の大学で学んでいる21歳の女性が慈恵病院で内密出産を前提に分娩をした。ところが、羊水塞栓と呼ばれる死亡率の高い病気に陥って、出産後わずか2時間で死亡した。同日女性の実家(岩手県)に病院から電話が入る。『お宅のお嬢様が分娩後にお亡くなりになりました。』」

岩手県の親御さんからは晴天のへきれきです。我が子が妊娠したことも知らなかったのに、いきなり亡くなったと伝えられて、どのように受け止めるでしょうか。

「娘と最後に会ったのは4ヶ月前なのに‥。せめて娘が生きているうちにもう一度会いたかった。病院は娘が妊娠して出産する事を知っておきながら、どうして私達に教えてくれなかったんですか?」

こんな言葉が出てこないでしょうか。ドイツではこのような事態にどう対処することになっているのか知りませんが、(出産する女性の自己責任とは言え)日本では法的にも問題になりかねないと思います。

3.法律上の問題

私は法律の専門家ではありませんので、詳しいことはわかりませんが、少なくとも戸籍上の調整が難しくなると思います。戸籍には産んだ母親の情報を記載しなければいけません。内密出産では、少なくとも子が16歳になるまでは母親の情報は非開示です。もし16歳以降も永続的に非開示が認められれば、子の戸籍には記載がないままになります。これが許されるかどうかです。

ちなみに、「ゆりかご」のケースでは、実親が全く不明なら熊本市長が名付け親になり、赤ちゃんの一人戸籍を作ります。実親が不明ならあきらめもつき、一人戸籍となりますが、目の前に実親がいるのに戸籍に未記載が許されるのかどうか。行政に特段の配慮をいただかないといけません。

4.出産費用の工面

内密出産を求める女性には経済的に厳しい状況も少なくありません。ドイツの内密出産では公費が出ますが、日本ではどうでしょうか。日本には欧米と異なり自己責任を求める風潮があります。思いがけない妊娠、望まぬ妊娠をした時、妊娠した女性が自分で責任を持って対処するように求められます。(往々にして男性は助けるどころか逃げてしまいます)

「ゆりかご」の場合、命がけで出産し慈恵病院にたどり着いた訳ですから、必死さが前面に出ます。ところが、内密出産の場合、普通に入院をして出産できます。もしもそのような女性が臨月を迎え、笑顔でおやつを食べる姿があったら人はどう思うでしょうか。

「自分の都合で身元を明かさず税金を使ってお産をするのに、のうのうとおやつを食べている場合か?残された赤ちゃんは実の親も知る事ができずにかわいそうな人生を歩まないといけないのに。」

こんな事を言う人が出かねません。安らかに分娩の日を待つことは赤ちゃんにとっても良いことなのですが‥。

「ゆりかご」の場合、慈恵病院の自己資金や寄付を元に運営していますが、もしも税金を投入するとなれば、反対が多かったと思います。私は「ゆりかご」を巡る経験から、内密出産に公費を使うことは難しいと感じています。「ゆりかご」でも内密出産でも、出産する女性には深い悩み苦しみがあるはずです。決して「虫のいい母親」ばかりではないと思います。

しかし、知らずと自助努力を求めるのが日本の社会です。ドイツのように公費を投入できなければ、寄付に頼るか病院が負担するしかありません。熊本県でも出産費用は40万円、東京では60万円近くかかります。お金の問題は難しい所です。

5.社会の理解

内密出産は母親の匿名を少なくとも16年間保証する制度です。これが母子の健康を守ります。身勝手な母親だと怒ることなく、許して支える社会の受け皿が必要です。ドイツでできた事を日本にできないはずはないのですが、努力が求められると思います。

私は内密出産だけでなく匿名出産も必要だと思っています。秘密が明らかにされるかもしれない内密出産はだめでも、匿名出産なら受け入れてくれるかもしれません。匿名出産すらだめな人には、せめて「ゆりかご」に預けてもらえたらと思います。

「ゆりかご」を廃止して内密出産に移行すべきと言う論調も見受けられますが、現実的ではないと思います。赤ちゃんの遺棄や殺人を回避するために、内密出産、匿名出産、「ゆりかご」という3つのセーフティネットを提供できる社会が来ることが私の理想です。

匿名出産と内密出産

慈恵病院が運営する「こうのとりのゆりかご」は、望まない妊娠をした女性が

赤ちゃんを遺棄したり、殺したりする事を防ぐためにスタートしたシステムです。

赤ちゃんを匿名で預けることができますので、主に妊娠や出産の事実を知られては困る女性が対象になります。

「こうのとりのゆりかご」のモデルとなったのはドイツのBaby Boxです。

そのドイツでは内密出産の試みが進められています。

また、フランスやオーストリアには匿名出産という制度もあります。

「こうのとりのゆりかご」の是非が議論になる時、内密出産を引き合いに出される事は少なくありません。そこで、今回は匿名出産と内密出産についてご説明したいと思います。

 

匿名出産

匿名出産とは、女性が自分の身元情報を明らかにしないまま病院で出産するものです。

ドイツ、フランス、オーストリア、イタリアなどで行われていますが、日本にはありません。フランスでは次のようなシステムを採用しているところが多いそうです。

まず女性が出産のために入院する際、本人の身分証書は封筒の中に入れ開封できないようにします。そして封筒を病院職員に預けます。この封筒は女性が死亡した場合にしか開封できない事になっています。お産が終わり、女性が退院する時に、封筒は未開封のまま返却されます。赤ちゃんの多くは養子として迎え入れられます。

赤ちゃんの母親の身元がわからないという点では、「こうのとりのゆりかご」と同じです。

ですから、「子どもにとって出自を知る権利が損なわれる」という事で反対意見もあります。

ただ、「こうのとりのゆりかご」では自宅やホテル、車の中など、病院外で人知れず出産する事が多々ありますが、匿名出産では病院で出産する訳ですから、出産の安全性は高まります。

内密出産

匿名で出産するという点で、内密出産は匿名出産と同じです。しかし、内密出産の場合、子どもが16になった時点で行政に実母の身元を照会することができます。

ただ、身元情報を明かすことで実母が危機的状況に陥る可能性がある場合には、実母が異議申し立てをする事ができます。この場合、情報を開示すべきかどうかについては家庭裁判所が判断を行います。

ドイツでは内密出産を社会制度として支えるため、2013年に法律が制定されました。出産費用は行政が負担します。

子どもが自らの出自を知ることができる可能性が残る点では、内密出産は匿名出産より評価されているようです。しかし、妊娠・出産の事実を絶対に知られたくない実母にとって、内密出産は必ずしも助けになりません。16年後には秘密が明かされるかもしれない心配がありますので。

日本では、「こうのとりのゆりかご」を廃止して内密出産に移行すべきとの意見が出ることもあります。次回のブログでは、この事を取り上げてみたいと思っています。

責任を取って育てさせる

思わぬ妊娠に困った女子高校生が慈恵病院に相談の電話をくれたことがあります。

すでに彼女のお腹はふっくらしかけていましたが、親御さんはご存知ないとの事でした。

本人は、「親には絶対言えない」と言います。厳格なお父様の家庭で育った彼女には打ち明ける勇気がありませんでした。そこを説得して、親御さんを含めた3者面談をする事になりました。

その場でお父様がおっしゃったのは、「うちの娘には責任を取って育てさせます」との言葉でした。赤ちゃんの父親にあたる人物は同級生の男子高校生でしたが、すでに別れていて、生まれてくる赤ちゃんを育てる気持ちはありません。彼女にも進学したい気持ちが強く、育児には消極的でした。私はこの状況を心配しました。確かに、赤ちゃんの親となった責任として赤ちゃんを育てていくうちに、赤ちゃんに愛情を持てるかもしれません。しかし、そうでないケースも少なくありません。慈恵病院の電話相談には、「赤ちゃんを愛せない」「赤ちゃんが可愛くない」「育てるのが辛いので赤ちゃんポストに預けたい」と訴える女性の声が寄せられます。

「我が子を可愛くないと思わない母親はいない」と言う人がいますが、このような『母性神話』的な考えから外れるケースが多々あるのです。

もちろん、高校生に子育てができないと言っているのではありません。学校を退学して子育てをした高校生はいます。また少ないケースですが、学校に通いながら、親御さんに手伝ってもらい赤ちゃんを育てた学生さんもいました。彼女たちに共通するのは、赤ちゃんを育てたいという意欲です。イヤイヤながらではありませんでした。

高校を卒業して就職や進学をしていく同級生達が、コンパ、デート、旅行などを楽しんでいる時期に、子育て中心の生活を送るのには一定の覚悟が要ります。見方によっては、子育ては地味で忍耐を必要とする活動です。親となった責任をとって育てたものの、イヤイヤながら育てていては、いずれ我が子への言動に影響が出てきます。明らかな虐待がなくても、子どもが傷つく言葉が口をついて出てきかねません。「産みの親」「実の親」に育てられているとは言え、親にとって「お荷物」となってしまったら、むしろ子どもが可哀そうです。

先のケースではカウンセリングを重ねた結果、赤ちゃんを特別養子縁組に託す事になりました。女子高校生の親御さんも、本人にとって子育てが予想以上に負担の大きいことを理解なさったようです。

この高校生が出産した時、養子縁組を希望するご夫婦が病院に駆けつけて来ましたが、赤ちゃんと対面した時にご夫婦で涙を流して喜ばれました。

赤ちゃんにとってベストの選択は「実の親が責任を持って、愛情深く育てる」という事かもしれませんので、特別養子縁組は次善の策になります。しかし、このケースでは現実的にはベストの選択だったと思います。ご夫婦の涙を見て、そう思いました。

救いたかった母子

久しぶりの更新ですが、先日出た判決から感じたことを綴りたいと思います。

平成27年、生後10ヶ月の女児に暴行を加え死亡させたとして、高知地裁が9月、母親に懲役4年(求刑懲役5年)の判決下しました。母親には育児不安があり、「赤ちゃんポストに預けたい、できるなら殺してしまいたい。殺してどこからか飛び降りたい」と周囲に漏らしていたといいます。

このような報道を見ると、私は「こうのとりのゆりかご」の課題を改めて考えさせられます。生命に関わる危機に陥った母子の緊急避難施設として役立っていません。

今回のような事件になる前に、もし赤ちゃんを「ゆりかご」に預けてもらえれば、母子ともにこのような不幸に遭わずに済んだかもしれません。

赤ちゃんを殺すくらいなら、捨てるくらいなら、「ゆりかご」に預けて欲しい。そういう願いで運営していますが、現実には全国で赤ちゃんの遺棄や殺人が発生しています。

なぜでしょうか?

一つには、「ゆりかご」の存在自体が知られなくなってしまったことにあると考えられます。中学校の性教育に出向いた際、中学生に聞いてみたところ、9割の生徒が「ゆりかご」を知りませんでした。

10年前、開設当初は賛否両論でメディアにも取り上げられ、多くの方に知っていただけましたが、最近ではご存じない方も少なくありません。

次に、問題になるのが距離感です。首都圏で生まれた赤ちゃんが、新幹線で連れてこられたケースはありましたが、東北や北海道在住の方にとって、交通費や所要時間の面でハードルが高いと考えられます。

その上、せっかく遠路はるばる赤ちゃんを連れてきても、それを受け入れ包み込む社会の雰囲気が「ゆりかご」のある熊本でさえ形成されていません。

先日、「こうのとりのゆりかご専門部会」は検証報告書を出しました。

「自宅出産は危険ではないか」「生まれて間もない赤ちゃんをどうして遠くから連れてきたのか?」これは行政や専門家からよく出る意見です。

本人としては、どうしようもなくなって、追い詰められて熊本まで来ているのに、支えるべき人は批判するのです。

我が国では1年間に98万人以上の赤ちゃんが誕生し、年間18万件の人工妊娠中絶が行われています。そのような規模の社会の中には、いわゆる社会の常識から外れた経過をたどる女性も出てきます。そのような女性の行動が理想的なものでなかったとしても、最悪の事態を避けるために容認すべきではないでしょうか。

仮に、北海道から赤ちゃんを連れてきた女性がいたとしても、「お母さんも辛かったね。よく頑張って連れてきてくれたね」と迎え入れる雰囲気が熊本で醸成され、全国に拡散されればと願っています。それが、不幸な事例を少しでも減らすための一歩ではないでしょうか。

「こうのとりのゆりかご」開設10年

「こうのとりのゆりかご」は5月10日で開設10年を迎えます。

10年前の事はよく覚えています。
開設からわずか数時間後に預け入れがありました。
それも3歳の男の子でした。
赤ちゃんの預け入れを予想していた私には衝撃でした。
預け入れは夜間にひっそりと行われるものと思っていたのですが、最初のケースは白昼の預け入れでした。
その時私は手術中だったのですが、報告を受けてショックを受けたのを覚えています。

あの男の子は元気に育っているようです。
残念ながら、私たち慈恵病院の人間は、預け入れられた赤ちゃんの「その後」を知る事ができません。
個人情報保護のため、私たちでも教えてもらえないのです。
ただ、里親の元で元気にしている事をテレビの報道で知りました。
蓮田太二理事長にも感謝の手紙を送ってくれたそうです。

その後、10年間で120人以上の赤ちゃんが預け入れられました。
白状してしまいますが、私個人は開設当初、「こうのとりのゆりかご」に懐疑的でした。
しかし、10年経験してみて、「こうのとりのゆりかご」の必要性を感じます。

必要とする人は、ごくわずかだと思います。
年間100万人の出生数がある日本で、100~200人ではないでしょうか。
(個人的な推測の域を出ませんが)

とすると、5000人~1万人に1人です。
極めて稀なケースになるわけですが、世の中には、どうしようもなくなった女性がいます。
「家族にも役所にも相談できない」「絶対秘密にしなければいけない」という事情を抱えた女性です。
そんな人が最終手段として頼る所が必要です。

過去10年間の預け入れを見て、「自分が母親だったら、別の方法を取った」と思うことは少なくありませんでした。
しかし、それは私の立場だからです。
実母さんたちの生い立ち、経済状態、健康状態、知識力などを知ると、彼女たちを責める気持ちになれません。
私が同じ境遇だったらどうなっていたかを考えると、自信がありません。

賛否両論があるシステムである事は承知していますが、社会に必要なシステムだと考えます。
10年が経って、それを感じます。

 

ブログ滞っています

ブログを立ち上げたものの、なかなか更新できません。
ご報告すべき事はたくさんあるのですが‥。

産婦人科診療で慌ただしい日々です。
当直だけでも1ヶ月に15回を担当していますので、時間に余裕がありません。
休日も月に1~2日ですから、はやりの「ブラック」なのかもしれませんが、経営を担う立場には適用外です。

ただ、言い訳していても進歩はありませんので、書き込みに努めたいと思います。
滞る事があるかもしれませんが、お許し下さい。

熊本地震発生から1年を迎えて

4月14日、熊本地震発生から1年になります。

地震災害とは無縁と思っておりました私どもにとって、1年前の出来事はまさに青天の霹靂でした。特に4月16日の本震では、水道・ガスの供給が止まり、必要な医療活動にも支障をきたしました。飲み水や食料の備蓄も残り2日分という逼迫した状況でした。

一方、当時病院内には200名以上の人々がいました。入院中の方々、病院職員の他、近隣地域から避難してこられた住民の皆様です。病院はこれだけの方々を支える力を失いつつありました。あの時の不安、あの時の無力感を忘れません。

そのような中、多くのご支援、ご寄付をいただきました。ご自宅の状態が厳しいにも関わらず当院に駆けつけてくださった方、遠方から沢山の物資を送っていただいた方、そして励ましのお手紙を送っていただいた小学生など、感謝しきれないくらいのご支援をいただきました。あの切羽詰った状況の中、いただいたご厚意を忘れる事はできません。

地震の後、病院は徐々に復旧し、現在は地震前の活動状態に戻っております。あの時を乗り越えられて今があるのは、助けていただいた皆様のおかげです。当院を必要として下さる皆様のお役に立つことで、ご厚意に報いていく所存です。

また、あってはならない事ではありますが、将来発生するかもしれない被災者のお役に立てるように病院として備えを進めてまいります。これがご恩返しの一つになれる事を願っています。

地震を始めとする災害を無くす事はできません。今回の経験で、平穏無事な日々の有難さを痛感いたしました。一人でも多くの方が一日でも多く、幸せな日々をお過ごしになる事をお祈り申し上げます。

「バイバイ」笑顔の幼子、母は橋から落とした:朝日新聞デジタル

小さないのち 奪われる未来 子どもへの虐待が後を絶たない背景の一つに「育児の孤立化」があるとされる。ある母子の悲劇を追った。 「この子をこのまま置いておくわけにはいかない」 不機嫌になっていく交際相…

情報源: 「バイバイ」笑顔の幼子、母は橋から落とした:朝日新聞デジタル

第二のゆりかご

私が第二の「こうのとりのゆりかご(ゆりかご)」誕生を願うことは度々ありました。

北海道で乳児遺棄事件が発生すると、北海道にゆりかごが設置されていない事を嘆きました。ゆりかごが批判に晒され孤立感を持った時には、「同じ活動を行っている団体があれば心強いのに‥」と考えたこともあります。

「このとりのゆりかごin関西」という団体が第二のゆりかごを神戸市に開設する準備を進めています。

ゆりかごは実母が匿名で赤ちゃんを預け入れるシステムです。
これは、保護責任者遺棄罪に当たりかねない行為ですが、病院という赤ちゃんの健康を維持できる施設に預けるということで、犯罪ではないと解釈されています。

この解釈が前提ですので、ゆりかごは慈恵病院単独で運用できるものではなく、市長、市役所、児童相談所、警察、乳児院の理解と協力を得て初めて成立します。

第二のゆりかごは、神戸市の助産院を前提に開設準備が進められているようです。助産院やそこをバックアップするNPO法人には覚悟が求められます。慈恵病院の場合、寄付金だけでは運営費をまかなえず、年間約1200万円を病院の会計から補填しています。持続性のある活動のための資金をどのように担保すべきか、関西の運営者には努力が求められると思います。

お金だけではありません。今までなかった業務が増えます。慈恵病院のこれまでを振り返ると、たくさんのマンパワーをつぎこんできました。これは、市役所、児童相談所、警察、乳児院の方々でも同様です。例えば、児童相談所はただでさえ虐待の対応で忙しいのに、ゆりかごに赤ちゃんが預け入れられれば、夜中でも駆けつけなければいけません。

開設から10年が経過し、慈恵病院にとって、ゆりかご活動は日常業務の一環となってしまった感がありますが、決して楽な、簡単な活動ではありません。
関西の方々には、その事をご理解いただきたいと思います。